似ているようでも大違い…

池田名誉会長は「父母や師匠をはじめ、今の自分を築かせてくれた一切の人々への感謝と報恩の決意が、自身を向上させる原動力となります」と述べる。
忘恩と報恩。濁点のあるなしの違いで、人の生き方は正反対になる。
「恩」という字は、原因の「因」を下から「心」で支えている。
今の自分があるのは、さまざまな人の励ましが因となっていることを、常に心の奥底で感じ、感謝を忘れてはなるまい。
師恩に報いるために、お世話になった、あの方この方に応えるために自身の使命に生き抜こう。

今日の名字の言、なるほど。
忘恩と報恩(ぼうおんとほうおん)。濁点のあるなしの違いで、人の生き方は正反対になる。

昔未来部に対する幹部指導のテープを聞いたことがあります。
そのことを思い出しました。

題目をあげきって、家族を発心させて骨肉主で亡くなった中学生の男の子。
中学生だけのお葬式、中等部葬のお話があり、その他にサンシャイン60の話や沖縄研修道場の話や、こんな話やあんな話もあり、感動して何度も何度も聞きました。
「逃げるという字と挑むという字はしんにゅうとてへんの違いでえらい違いだ。原だともよは信心はしていないけれども、芸能活動があるからといって勉強をさぼることはなかった。算数が嫌いだ、だからやらない。国語が苦手だ、だからやらない。そういう生き方をしてそのまま大人になった時、人からばかにされる。すごいご本尊があるんだ。勉強なんてできるようになるに決まってるじゃないか。」

成績うんぬんだけでなく、逃げると挑むの生き方ですね。
こうして書いてみると、やらなきゃいけないことからずいぶん逃げている自分に、冷や汗反省、ごめんなさいという気持になってしまいました。
「自分にあまえないということは、やりたくないなあ…と思ったら、それをやることですよ。」と先輩が言っていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

たこやき
2013年03月21日 08:55
私もそのテープ持ってました!
すごい体験とご指導でしたよね。
 
逃げたくても、挑戦するのが、私達の生き方ですね!
私も苦手な事を好きになれるよう日々精進ですね♪
千早
2013年03月21日 19:49
たこやきさんもあのテープを聞いたことがあるんですね!!
すごいよかったですよね。
信心始めてあまり年数たたない頃で、この信心って死んでさえも人を幸せにできるのかぁ…とびっくりしました。
サンシャイン60を建設した人の名前覚えていますか?
だれでしたっけ?
奥さんが目が見えず、貧乏で、病気の子供を連れて死のうと思っていたところおでん屋の提灯が見えた。死ぬ前に食べようと行って見たら戸田先生の座談会だった。
戸田先生は「病気が治った、目が見えるようになった、貧乏から抜けられた、そんなちっぽけな信心じゃない。今から30年間一度も勤行かかさずやってみなさい。あなたは皇居を見下ろすビルを立てるだろう。」
ここが大事ですよね、その人はそれを嘘とは思わなく、実践した。
それがサンシャイン60。
落成した時、その人は「見えた、本当に皇居が見えた」とおいおい泣いたってありましたよね。
ちよ
2013年03月21日 21:54
この話は知らなかったけど、東京サマーランドという遊戯施設は、確か盲目の学会員さんが、設計をしたというような話を聞いたことがあるような

ちょっと今日へこんだけど、又明日から挑戦しよう
千早
2013年03月21日 22:04
ちよさん、何かあったのかな?
でもえらーい。切り替え大事ですよね。
またがんばってくださいね!!
ちよ
2013年03月22日 06:38
もう大丈夫ですよ
今日も元気に行ってきまーす
たこやき
2013年03月22日 10:29
多分、サンシャイン建てたゼネコンの、社長になられた方だと思います。
指導どおり素直な信心て大事だと感じました。

私も子供が2歳の時に知的障害とわかり、ショックでもう一生笑うことなんてないって思ってました。
我慢できずに夜中に幹部を呼んで指導受けて、何回も「信心がんばったら、治るんですか?」って聞く私に「治りますかじゃない。治しますやで!」って言われて はっと目が覚めました。
「そうや!私がこの子を幸せにするんや!」って。
それから毎日泣きながら、題目あげてました。
夜中の唱題中に声がして、子供を見に行くと今まで笑ったことのない子が声を出して笑ってるんです。
あーやっぱり信心ってすごいって思えました。
感情がない、表現できないっていわれてたのに、数週間で楽しそうに笑うようになったんです。
幹部の方の一言で実践して変わっていけるってホント学会てありがたいです。

苦難があっても明るく前向きに生きていけるのは学会のおかげ・先生のおかげだと思っています。
たこやき
2013年03月22日 10:31
あと、指導では「皇居を見下ろせる様な境涯になれるよ。」だったと思います。
ちよ
2013年03月22日 17:56
たこやきさんも、苦労しましたね
さすが、関西 治しますやで
この言葉いいですね
私の昔のお友達
昔上田正樹のマージャン仲間で、クリスチャンにもかかわらず、上田正樹のまねをして、合掌してこれのお陰や っ言うんです
その関西なまりが好きで、私もよく真似してました
私の知り合いも、知的障害の娘さんが居て、天使だといってました
そうなんでしょうね
うちの親戚には、ダウン症の子(といっても、もう成人してるだろうな?)がいて、とても心優しい人です
みんな使命を持って、生をうけたんですものね
千早
2013年03月22日 22:47
たこやきさん、やっぱり子供さんのことなので、すごく悩まれたんですね。
でも、すごい体験ですね。
こちらの命が変わることが大切なんですね。
わかっていてもそのことをついつい忘れてしまってるんですよね。
ある問題をかかえている自在会の奥さん、入院してるんですが、拒否されている感じで遠のいて、やっと一年ぶりについてきてもらって会いに行きました。
でも様子を聞いただけ、きちっと言ってあげないといけない問題については、何もいいませんでした。
先輩に報告したところ、やっぱり指導にたけた幹部の人と行って、一凶を言ってあげないといけないと言われました。
幹部にただ言ってもらうだけでなく、その自在会婦人部さんの心が変わるよう、私が一念を変えてしっかり祈っていかないといけませんね。
たこやきさん、どうもありがとうございました。
たこやき
2013年03月23日 20:25
ちよさん ホント、この子がいなかったら、何が大事なのかわからんまま、傲慢な人間になってたと思います。
お金と出世が全てと思いがんばってきましたが、そうじゃない、心こそ大事なんやと。
中学でも人気者らしくてホントに可愛い奴なんです。(親馬鹿ですが)
一家で長男に感謝です。信心頑張らせてくれてありがとうって。

千早さん うちのBにも拒否ってる人いてました。
じっくり話し聞いてあげたら、色んな思いを吐き出しはると思います。全部吐き出せてあげないと、指導されても、心に響かないかもです。
祈って、話を何時間でも聞く。(間違ったことを言っててもとりあえず、吐き出させることが大事かと。吐き出してるうちに自分が間違ってることに気づいたりしますから。)
うちのBにも昔幹部だった方が、全然出てこずで。
話だしたら愚痴のオンパレードでしたが、まずは信頼してもらおうと何時間も聞きましたね。
2.3年たってからやっと出てくるようになりましたが、それでもいつも連行状態です。笑
でも帰りはうれしそうなんですよ。
あせらずに相手のこと色々知って、関わっていくことですよね。嫌なことも一杯いわれますけど・・・
祈って関わってください~
私も寂しい人を幸せの人にと思ってがんばります~
ちよ
2013年03月23日 21:54
たこやきさん
えらいねー とバカボンパパと、感心しました
23年 すごいね
連行状態に出来る事がすごい
東京も負けてられません
妙子
2013年03月24日 02:30
こんばんわー
はじめまして
ちょっと、元気をもらいたくて、話します
よろしくです
今、ちょっと嫌な上司がいまして、仕事の帰りに、同僚に愚痴をこぼしてしまいました
そしたら、彼女も、同じように思っていて、話が盛り上がってしまいました
悪口は、いけないと思いますけど、言う事でさっぱりすることもあります
それに彼女とも仲良くなれたわけですから、上司の事、感謝して、祈っていけばいいですよね
千早さん たこやきさん こんな私ですけど、宜しくお願いします
妙子
2013年03月24日 09:48
そんな事を悩んでいたら、きょうの聖教 正義の君におくるで、
感傷的な対話などやめよう
自信に満ちた 楽しき 愉快な 対話をするのだ。
深き信念の哲学の言々句々で
吼えるのだ
って、先生が
覚悟ある人生であれと
嫌な上司に逃げていた自分
対話を通して自身が変わらないといけないと思いました
千早
2013年03月24日 19:56
> 中学でも人気者らしくてホントに可愛い奴なんです。(親馬鹿ですが)
たこやきさんの愛情いっぱいの言葉ですね (^^)
息子さん、もう中学生なんですか。きっとみんなから可愛がられる可愛い息子さんなんですね (^^)
それはそれはたくさんのエピソードがあることでしょうね!
だんなも子供もいない私はそういう苦労もない代わりに、たくさんの親子の喜びもないわけです。
あ、でも大丈夫ですよ、いつかのいつか、私もそういう境涯になれると思いますから。
それとたこやきさん、しっかりお話を聞いてあげるんですね。
その方もただこうしなさいといわれるんでなくしっかり聞いてもらえると、満足感と安心感と信頼感がでてきてそれで連衡もされてくれて喜んでくれてすごいことですね!
私の今回の人は状況がまた違うからかたち的にはそのようにはできませんが、そういう気持が大事なんですね。
心強い婦人部の幹部の方に相談し、力になってもらうことができるようになりました。
弱気の無関心の私の命が変わるよう、がんばろう。
たこやき
2013年03月25日 10:38
妙子さん お仕事お疲れ様です。
仕事場だと利害関係ありますから、愚痴りたくなりますよね! でも仕事場で学会宣言すると、愚痴れなくなりますよ~(笑)
試してみて下さい!
いつも新聞読んで思うことは「このタイミングで何故 この記事が!」ってびっくりすること多いですよね。
私たちのこと わかってくださるんだな~と感謝の日々です。

千早さん 悩みいっぱいで家族を置いて逃亡したくなるときもありましたよ~(笑)一人だとこんな思いしなくてすんだのに・・って。 
でも約束なんでしょうね。たこやきは知的障害児の長男もみんな幸せにしていきますって。

部員さんとのかかわりってホントそれぞれの方に合わせていかないと難しいですけど、祈っていくと変わっていきますよね!
お互いがんばっていきましょう!
千早
2013年03月25日 19:25
本当に、母は偉大だと思います。
たこやきさん、励ましどうもありがとうございます、がんばりますね(^_^)
妙子
2013年03月25日 19:33
そうなんです。何かあると、先生からメッセージをいただける 実感です
でも、受信機が壊れていると、入ってこない、お題目なんでしょうね
職場で、働く上での注意事項みたいな事に、政治的活動云々と言われました。
あのー私公明党の党員をしているんですけど、って言ったら、あなた創価学会なの?仕事場には、宗教的な事、政治的な事は絶対持ち込まないでくださいと 釘を刺されました
苦手な上司は、私も写真展とかいった事あるわよーなんて言って、最初はいい感じだったんだけど、言うことがだんだん変わってきて雲行きが怪しくなってきました。
まあ 私が早く仕事を覚えればいいだけの話なのですが・・
努力努力ですね
千早
2013年03月25日 20:21
妙子さん、はじめまして(^^)
職場のこと、いろいろ悩まれているんですね。
でも堂々と学会宣言、勇気がありますね!!
そしていつも先生のご指導を読んでお題目を一生懸命あげていらっしゃるんですね。
そこの職場がそういう方針なら、そのようにするしかないでしょうけれど、学会宣言をしているんですから、妙子さんの言われる通り、仕事を一生懸命する姿を見せることで、言葉で信心のことをいう以上に説得力ありますよね。
努力努力と言われる妙子さん、すばらしいです!
女性版しじょうきんごですね(^^)
学会のことで、もしかしたらこれからもいやな事を言われたりするかもしれないけれど、「難」とか「魔」とかが出てくる信心をされているっていうことですもん。「誉」ですよね。
実際言われた時にはショックだし、いやな気持になってしまうけれど、負けないでくださいね。
世法でも、舛田 光洋著、夢をかなえるそうじ力に書いてありましたけど、いやな上司の机の上を毎日ありがとうって拭いてあげたらいいんですって。
ありがとうは魔法の言葉と言いますもんねえ。
だからそんなことする気持にはなかなかなれないでしょうけれど、お題目送ってあげていたらぜーったいにしみこんで通じていきますよねえ。
腹立つと祈れますからそのぶんその人に仏縁こゆくつきますよねえ。
どうぞ、たいへんですけれど、大使命の妙子さん、がんばってくださいね…!!
妙子
2013年03月25日 22:26
ありがとうございます
負けないでがんばりまーす
やさい
2013年04月06日 12:35
千早さんこんにちは。

お仕事お疲れ様です。

千早さん、どうか骨肉腫で亡くなられた中学生の方の体験のお話、詳しくお聞かせ願えないでしょうか?

お仕事や、活動の差し支えのない、時間に余裕のある時でいいので(>_<)
読んでみたいです。

無理いってすみません(๑•́ ₃ •̀๑)

千早
2013年04月06日 14:25
すごい体験でした。
教えられたわけでもないのにお題目でそう確信できたこと、亡くなっても相手を救えるこの信心ってすごいって思いました。
千早
2013年04月06日 14:28
骨肉腫で両足を切断されて入院している中学生の男の子がいた。
医者からは転移していて1ヵ月後命がなくなると先刻されていた。
痛くて怖くてたまらなかった。
その子の家にはご本尊があったけれど、お母さんが細々と信心しているだけで、お父さんはお母さんがお題目あげていたら後からけっとばすという状態だった。
当時の青年部だったか壮年部だったかのその子を知ってる人が、夜中にその子を負ぶって病院を抜け出し(当時お寺で御受戒だったので)
お寺のドアを叩き、住職を起こして、
頼むから、この子に御受戒うけさせてくれ!
と言って受けさせて、病院に戻った。
その子は言った。
おじさん、題目あげたら僕は死なないの?
絶対に死なない…!
おじさん、題目あげたら切断した僕の足は生えてくるの?
絶対にはえてくる…!
あまりの確信ある言葉に、その子はその日から題目をあげはじめた。


千早
2013年04月06日 14:29
病院側はそんな大きな声で題目あげるのは迷惑になるからやめてくれと言った。
でもその子は誰が何と言おうと題目をやめなかった。
1ヶ月過ぎた。
その子は死ななかった。そして言った。
おじさん、すごいよ。痛くなくなったよ。題目はすごいね、どんな薬よりよく効くね!
2ヶ月たった。その子は死ななかった。
おじさん、おじさんは題目あげたら切断された両足がはえてくるって言ったね。
題目あげたら死なないって言ったね。
僕は2ヶ月間毎日10時間お題目をあげつづけてやっとその意味がわかったよ。
死なないってことは、死ぬのが怖くなくなるってことなんだね。
足がはえてくるっていうのは いったん死んできれいな体になって生まれてくるってことなんだね。
そしてその子は枕元にお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを呼んでこう言った。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、何もしてあげられなかったけれど、僕はもうすぐ死んでしまうけれど、一つだけしてあげられることがあるよ。
それは、この信心はすごいよ。題目はすごいよ。
だって僕は死ぬのが怖くなくなったんだもの。
死ぬのが怖くなくなっただけじゃない、お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんに幸せになってもらいたい…って心から思うようになったんだ。
千早
2013年04月06日 14:31
お題目はすごいよ。
だから、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、この信心をやってください。
そしてその子は亡くなった。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを折伏して。
そしてそのこが一つだけ心残りな事があるって。
一度でいいから中等部の会合に参加したかったって。一度でいいから行きたかったって。
その願いも絶対叶えてやるぞ。そうだ、中学生だけのお葬式をやろう。
後にも先にもそんなお葬式はなかった中学生だけの中等部葬。
その子の棺に向かって学会歌を歌った
その子の棺に向かって決意発表した。
何度も何度も学会歌の歌声が終わらなかった。
ちよ
2013年04月06日 17:02
読んだよ 涙涙で
この話は、10年ぐらい前かな?
配達員会で、当時の担当幹部が、原稿を読んでくれたの
読んでくれた人も、涙涙で、その人柄をしのばせる壮年部でした
純粋な信心には、かないませんね
又その時に、関わった先輩がすごい
いい話を思い出してくれてありがとう
やさい
2013年04月06日 18:11
千早さんありがとう。

本当にありがとうございました(>_<)

とても感動しました。けれどもとても困りました。

読んだ時と場所がいけませんでした。
仕事の休憩時間に読んでしまったんです。

涙が出そうになるのを、こらえると余計どんどん出てきて、周りに沢山人が居たんですけど、泣いてるのを悟られないようにコソッと隠れて読みました。

でもでも、休憩時間が終わって仕事が始まっても思いだして泣いて、本当大変な仕事時間でした(苦笑い)

題目の力って本当に凄いんだ!って、ぞわ~って鳥肌がたちました。

むぎわっしんの信心が大切なんですよね。

直ぐ弱い心に凹まされる毎日ですが、この千早さんにいただいた
体験を何回も何回も読ませてもらって、元気の素にさせてもらいます。

時間をさいて、文章を作ってくださってありがとうございました。

千早さん本当にありがとう~(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡



千早
2013年04月06日 20:38
ちよさん、すぐに読んでくれてありがとう。
昔体験を読んでもらったことがあったんですね!
このテープの中の話は本当にすごいものばかりだったです。
その他に、近鉄のなんとかいう選手のこともありました。
でも、この中等部葬、信心を教えてくれたこの方の思いがまたすごいですよね。
今それを始めて思いました。
この壮年部だか男子部だかの方、その子に信心教えた後もどれだけ一緒に祈ってくれたことか。
私なんかには想像できない気がします。
こんなに同苦して本気で祈れる人になる…
なれないと思っちゃいけないんだよね…
入院しているあの自在会の婦人部さんのことも…
千早
2013年04月06日 21:01
やさいさん、涙出始めたらなかなか止まらない。大変でしたね(^^)
20代の頃に聞いていたテープで、何度も何度も聞いて、ほぼ覚えてる状態だったから内容が書けてよかったです。
信心ってすごいですよね…
問題ある自在会婦人部さん、病気で入院しています。
個人指導のすばらしい婦人部幹部についてきてもらいました。
「彼女の病気が治るとは思えないんです。それがいけないんでしょうね…」
「」そうよ。千早さんが悪い。ご本尊様は頭で考えちゃいけんのよ。
本当に祈っていった時、理屈では計り知れない結果が出るんやから。
絶対治らないって病気の人が何人も元気になっているんだからね。
頭で考えちゃいけない。理屈で考えちゃいけない。
ご本尊の功力はそんなちっぽけなものじゃない。すごいのよ。
まずは元気になるよう祈ってあげようね。」
私にそんな深い祈りはできない、私にそんな同苦する深い心なんてない、私には彼女は救えない、そう今でも思いこんでるこの思い事態が頭であり理屈なんでしょうね。
枠をぶっ壊そう。だめでもなんでも私もお題目一生懸命あげます。
やさいさんもがんばってくださいね!
やさいさん、どうもありがとうございましたm(__)m
ちよ
2013年04月06日 21:34
私もまだまだ、頭で考えてしまう事が多いです
そうだよね ご本尊様の功徳 計り知れないですもんね
今日は、ちょっといい事が
並びの婦人部員さん 世界平和文化祭に女子部の時出てて
そのDⅤDを以前もって行ったら、今日返してくれて、これ欲しいんだけどどこで売ってるかな?って
ホントは今日、本部に行って買って来る予定だったんだけど、お天気も怪しかったので今度行くまで待っててくれる
?と話しました
会合には出なくても、信心の思い出は、ちゃんと残っているんですよね
信心に立ち上がるまで、こちらが諦めてはいけませんね
私もがんばりますよ
千早
2013年04月07日 16:42
ちよさん、いつもいつも関わっていってる姿すごいなあ。
ちよさんは人間味あふれているから気持伝わっていきますよねえ。
まつ
2013年08月30日 00:21
はじめまして この中等部葬のテープは今から15年くらい前に聴いた事があるのですが、学会本部としては、全て正確ではないと聞いてるのですが、どこまでが真実かわかるかた居られませんか?
千早
2013年08月31日 18:04
まつさん、始めまして。お返事遅くなりました(^^)
きちんとした未来部担当の幹部の方のお話だったので、内容に間違いはないと私は思いますよ。
で、病院からおぶってごじゅかいに。これは、思いあまってされたことであって、もちろん学会の指導にそういうことはありません。
そんなことしたら叱られること間違いなしです。
信じて題目をあげぬくことのすごさを教えてもらえる体験だと思います。