小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑顔を増やすボランティアの尾畠春夫さん

<<   作成日時 : 2018/09/03 08:41  

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

広島の豪雨災害のボランティアに行っている尾畠さんが今朝テレビで言っていました。
豪雨は7月の始めでしたが、2ヶ月になろうとしているのに復旧の状態はまだ2 30%の程度なのだそうです。
まだまだ全くの手付かずで置き去りにされている方々も多いとか。
90歳と88歳のご夫婦のお宅に駆けつける場面が。
床下二土砂が流れ込みほっておくと床が腐っていくそう。
ザックザックとかき出してあげていました。
みんなを笑顔にしていく毎日の尾畠さん、きびきびとかっこいいです。
あのように活動するには健全な精神と体力が必要で、誰にでもできる事ではないなと思えます。
あんな事普通の人にはできないと。
私なんて目も見えないし体力も知力も持続力もない、何にもできやしない。
あんな風に駆けつけて役に立てたら‥と思うけれど無理な話し。
だけど ボランティアって自分の能力に応じてすればいいんだなあと思いました。
例えば私が白い杖を持って歩いている時に、信号青になりましたよと教えてくれる人がいる。
これだってすごく助かるボランティアですよね。
災害の募金に100円入れる、これだって大切なボランティアですよね。
励ましあいの学会活動も笑顔を作るボランティアですよね。
尾畠さん、「復旧がまだ20%30%です、まだまだ必要です、どうぞみなさんボランティアの参加よろしくお願いします!!」
置きざりにされている人をほっておいてはいけないとの呼びかけ。
私把そこへは行けないけれど、広宣流布を重ね合わせて思いました。
私には大聖人の創価の信心がある。
まだまだ宿命に泣いている人がたくさんいる、信心教えてあげなくちゃ‥
私も体調いまいちだけど、いまいちのままできる事を少しでもすればいい。
いまいちでほんの少ししかできないけど少しでもできたらこんな嬉しい事はない。
でも欲張りだから少しでなくたくさんしたいからもっと元気になりたいなあ。
でもあせらないあせらない。
他人もだけど家族にボランティアしなくっちゃね。
調子が悪いとついしかめっつらになるけれど、お母さんにボランティア、にこにこ顔を見せましょう。
「辛くても、笑顔を絶やさずに‥」 なんて私にはできないけれど、これはボランティアだと思ったらできるかも? (笑)
そうそうそれなら自分にも自分のためににこにこ顔を向けてあげましょう(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ちはやさん
最高のダイヤモンドです。笑顔は頭上げて! 私も同じく (^^)頑張りましょう!一緒に。
ブログ 嬉しいなぁー
うさぎ
2018/09/04 18:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
笑顔を増やすボランティアの尾畠春夫さん 小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる