小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ひらがな御書の可能性

<<   作成日時 : 2013/04/04 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

創価の森の菊川さんが3月いっぱいで仕上げるといわれたひらがな御書の立正安国論のひらがな文とひらがな漢字交互文、宣言どおり仕上げてくださいました!
点検確認等、ご協力いただいた方々共々、本当にありがとうございました!!
しかも、今月の座談会御書や、御書学の御書も、立正安国論であり、早速使わせていただくことができました☆
http://hiraganago.exblog.jp/
ひらがな御書はネット上で読むだけでなく、いろいろな可能性をはらんでいるんです。
ひらがなで書かれていることがすごいんです。
これだと、信心の全くわからない一般の人にも点訳や朗読がお願いできるんです。
個人のものとして目では読めないどんな書物も朗読点訳してもらい、自分で持っておくことは著作権上も全く問題ありません。
最近は点訳も手書きだけでなく点訳ソフトなるものがあるらしく、データがあれば点字プリンターにかけてあっという間に点字に直すことができるようです。
全部ひらがなのひらがな文は手直しなく、データとして点訳ボランティアにお願いできます。
朗読してもらうのも、ひらがな漢字交互文があるので、それを見れば読み方は全部かいてあり、元の感じもあるので、朗読する方もどんなイントネーションで読めばいいのかも検討がつくと思います。
とにかくそれをしてもらうために、立正安国論の交互文全部と、ひらがな文全部をプリントアウトし、ひらがな文をUSBに保存して、ボランティアに送る準備をしました☆
交互文、A4サイズで55ページ!
全部菊川さんの手書きですから、それは大変な作業です。
点検するのもまたこれは大変な作業です。
どのようにできあがってくるか、とても楽しみです。
いつか全編を点字図書館に置いてもらえたらすごいなと思います。
信心している人もしていない人も、正しい日蓮大聖人の御書が図書館で借りられる。
個人的にもネットで見られる。
そして、ネット上に ひらがなで書かれてあるということは、目も見えず耳も聞こえない人でも、ネットを点字で読む機会(ブレイルメモ)というのがあるんですが、それを使えば間違いなく御書が読めるわけです。
自在会の会合する時、御書の勉強するというとき、何部か点訳ボランティアにお願いして資料も作ろうと思えば作ることができるんです。
夢が広がります。
どのようにどこまで活用するかは、こちらの思い次第です。

今日の「わが友に贈る」、御書のことでした。

 御書は希望の源泉。
 わずかな時間でもいい。
 日々、御文を拝そう!
 その積み重ねが
 不屈の人生の土台に!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
改めてすごい事なんだと感じました
前に話した事があるけど、もう1台のパソコン修理に出した時、電気屋さんがいろいろなところを見たみたいで、千早さんのブログを面白いと言っていたそうです
新聞は断られっぱなしなのに、ひょんな所で学会と繋がる
不思議ですよね
信心している人も、していない人も、大聖人のお手紙を読む機会が増えるって事がすごいですね
千早さんと菊川さんの思いが、どう飛躍していくか楽しみです
ちよ
2013/04/04 21:25
電気屋さんがこのブログ見てくれたってとっても嬉しいんですけど(^^)
これも本当は気2も留めてもらえないところ、ちよさんの新聞啓蒙の仏縁で電気屋さんの目にとまったんだと感謝ですm(__)m
この間久しぶりに会った自在会のメンバーの一人の方は、なんとブロック長をされていると始めて教えてくれました。
そして、講義されたのかなあ?
御書学の時、ひらがなブログを活用したと言っていました。
時々みているそうです。嬉しいです☆
千早
2013/04/04 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひらがな御書の可能性 小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる