だいびゃくれんげ11月号 2011年勝利の経典 御書に学ぶより

〈てらどまり ごしょ〉
(だいびゃくれんげ11月号 2011年勝利の経典 御書に学ぶより)

□てらどまりごしょ ひらがな訳(御書951ページ2行目から4行目)
こんげつ ジュウがつなり トオカ そうしゅう あいこうぐん えちの ごうを 
たって むさしのくに くめがわの しゅくに つき ジュウニにちを へて えち
ごのくに てらどまりの つに つきぬ これより たいかいを わたって さどの
 くにに いたらんと ほっするに じゅんぷう さだまらず そのごを しらず 
みちの 
あいだの こと こころも およぶ ことなく また ふでにも およばず ただ 
あんに おしはかるべし また もとより ぞんじの うえなれば はじめて 
なげくべきに あらざれば これを とどむ 
□てらどまり ごしょ ひらがな訳(御書951ページ5行目から952ページ9行
目)
ほけきょうの だいヨンにいわく 「しかも この きょうは にょらいの 
げんざいにすら なお おんしつ おおし いわんや めつどの のちおや」 だい
ゴの まきに いわく 「いっさい せけん あだ おおくして しんじがたし 」
 
ねはんきょうの サンジュウハチにいわく 「そのときに いっさいの げどうの 
しゅ ことごとく この ことばを なさく ちゅうりゃく だいおう いまは 
ただひとりの だいあくにんあり くどんさもんなり ちゅうりゃく 
いっさいの せけんの あくにん りようの ための ゆえに その もとに ゆき
 
あつまり しかも けんぞくとなって ぜんを 
しゅすること あたわず じゅじゅつりきの ゆえに かしょう および しゃりほ
つ もっけんれんらを ちょうぶくす」 うんぬんちゅうりゃく かれらが いう 
いちだい あくにんとは にちれんに あたれり いっさいの あくにん これに 
あつまるとは にちれんが でしとう これなり かの げどうは せんぶつの せ
っきょう 
るでんの のち これを あやまって ごぶつを あだと なせり いま しょしゅ
うの がくしゃらも またまた かくの ごとし しょせん ぶっきょうに よって
 
じゃけんを おこす めの てんずるもの だいせん てんずと おもう 
□てらどまり ごしょ ひらがな訳(御書953ページ13行目から14行目)
べんかは あしを きられ きよまろは けがれまろという なを たもうて しざ
いに およばんと ほっす ときの ひと これを わらう しかりと いえども 
そのひと いまだ よき なを ながさず なんだちが じゃなんも また しかる
べし 
□てらどまり ごしょ ひらがな訳(御書953ページ15行目から954ページ2
行目まで)
かんじほんに いわく 「もろもろの むちの ひと あって あっくめりし」 と
う うんぬん にちれん この きょうもんに あたれり なんだち なんぞ この
 
きょうもんに いらざる 「および とうじょうを くわうるもの」 とう うんぬ
ん にちれんは この きょうもんを よめり なんだち なんぞ この きょうも
んを よまざる 「つねに だいしゅの なかに あって われらが とがを そし
らんと 
ほっす」 とう うんぬん 「こくおう だいじん ばらもんこじに むかって」 
とう うんぬん 「あっくして ひんじゅくし しばしば ひんずい せられん」 
しばしばとは たびたびなり にちれん ひんずい しゅうど るざいは ニどなり
 
ほけきょうは さんぜの せっぽうの ぎしきなり かこの ふきょうほんは いま
の かんじほん いまの かんじほんは かこの ふきょうほんなり いまの かん
じほんは みらいは ふきょうほんたるべし そのときは にちれんは すなわち 
ふきょうぼさつたるべし 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント