小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 織田信長・本能寺の乱を見て

<<   作成日時 : 2018/01/11 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1月6日に織田信長が明智光秀に暗殺される番組「古舘トーキングヒストリー」テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/talking_history/」を見ました。
ドラマ仕立てで歴史の先生の解説を入れながら古舘さんが実況放送、戦国時代の暗殺の様子、ありありと伝わってきて、興味深かったけれど、一言「怖い!」
織田信長はあちらこちらを攻め落として勢いづいて すごい権力、大胆な切れる男で超合理主義。
明智光秀も家臣として一生懸命使えてきた。けれど信長を打つ決心。
本能寺で中休みの油断の信長を、毛利を打ちに行くはずの一万人の兵士を使って暗殺。
数人の信頼できる武士にだけ計画を打ち明け、兵士達にはぎりぎりまで本当の事は言わず、絶対に失敗は許されない、この緊張感。
本能寺になだれ込んでの乱闘シーン。
「謀反でございます!」「是非にあらず」の有名な一言。
諸説あるけれど、この番組では織田信長は最後にやりで致命傷を負わされもはやこれまでという絶体絶命になるけれど、光秀に首を渡してなるものかと、一室に施錠をして火を放ち、めらめらと燃える火の中で恐ろしく死んでいく。
その昔、現実にあった事だし、もう私は恐ろしくて恐ろしくて。
早く寝ようと思っていたから23時まで見るつもりじゃなかったけれど、ついつい見始めたら目が離せなくなって…
怖すぎて、見終わった後、トイレに行くのも怖くなって(笑)
その後の夜の勤行、本当は3分唱題で寝るつもりが、怖すぎて50分あがりました!
あの恐ろしい乱闘シーン、思わず大聖人様の松葉ケ谷の法難 小松原の法難を連想しました。
俳優演じるテレビドラマを見ているだけで こんなに恐ろしいのに、大聖人様はリアルで何度も切りつけられ捕らえられ伊豆や佐渡に流されて、それでも一歩も引かない勇気。
当時の実質的最高権力者の北条時頼に、「一国の平和を望むなら、念仏 邪宗はだめだ!南無妙法蓮華経をすべきだ!」との立正安国論提出、ものすごい勇気だ。
とんでもないほどの大慈悲と勇気…
なぜ明智光秀は信長を殺そうと考えたのか。
歴史の先生が言うには、諸説あるけれど最大の動機は「恐怖」なんだとの事。
織田信長はすごく合理主義だったので、役に立つと気に入られればよいけれど、使えないと見放されればひどい仕打ちに合うし殺されてしまう可能性も大きい。
性格を熟知していた光秀、だんだん当たりが冷たくなってきていたので、いつか殺される、その前に自分が信長を打つしかないとの思いが高まってきたからなんだそうです。
やっぱり殺し合い戦争、核兵器の保有だって「恐怖」が根本なんだろうなと思わされました。
光秀は「御首級(みしるし)を!!」と首にすごくこだわっていた。
権力の魔性 権力の魔性 なんて言っても何となくピンとこない私だったけれど、恐ろしさを感じてしまった。
戦国時代の武士達は狂気のさたですね。
今も世界は戦争が終わらない。
「魔」っていうものは本当に存在するんだと思いました。
人を不幸にしていくすさまじい働き。
それに本当に打ち勝っていくのはやっぱり大聖人の南無妙法蓮華経なんだろうなと思いました。
平和文化教育の創価学会、私の命もあなたの命もみんな同じ仏界がある尊い尊い存在。
それを心の底から信じ抜いていけば戦争も憎しみも嫉妬も差別も恐怖も無くなるでしょう。
現実に心の底から命の底からそれを信じるためには題目をあげ抜いていく事。
そういう人を増やしていく事なんだよねえと やっぱり思う。
戦争って本当に恐ろしい。悲劇でしかない。
だから私にできる事、身近な1人また1人に信心の事を教えていく事。
それから世界平和、もっと真剣に祈る事。

勤行最後のご祈念文 「世界の平和と いっさい衆生の幸福のために」

権力やエゴや嫉妬などなど、汚れた命の「魔」に人はなかなか勝てない。
頭や心のもっと奥の命を強く清浄にしていかないと実現できない。
どうやったらそうなれる?

ふかくしんじんを おこして にちやちょうぼに また おこたらず みがくべし
いかようにしてか みがくべき 
ただ なんみょうほうれんげきょうととなえ たてまつるを 
これを みがくとは いうなり.

深く 信心を 発して 日夜朝暮に 又 懈らず 磨くべし
何様にしてか 磨くべき
只 南無妙法蓮華経と 唱へたてまつるを
是を みがくとは 云うなり.

一生懸命一生懸命お題目をあげながら宿命転換していくんだなあ。
ふふんと笑われるかもしれないけれどこんな私だけど一つでも多く焼くに立ちたい。
生命力を湧き立たさせてください!
家族地域世界が平和でなかったら本当の幸せじゃないものね。
勇気が必要。
立正安国論って真実だ。

立正安国論(りっしょうあんこくろん) http://hiraganagosho.web.fc2.com/b17.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一体どこのどいつが千早さんを笑うか。千早さんは千日尼に
○○○○○○○○です。
私は千早さんの○○○○○○します。

ごめんなさい、私千早さんが自在会という事をちょくちょく忘れてしまいます。
このテレビの感想も素晴らしいです。臨場感が伝わってきました。
勇気をありがとうございます。
ペコ
2018/01/12 12:31
ペコさんコメントありがとうございました(^^)
褒めすぎ恥ずかしいので○に直して入れ替えました、ごめんなさい(^^;;
ペコさんいつも心配してくれて祈ってくれて電話もくれて体操も教えてくれて嬉しいです。
どうもありがとう(ラブ)
千早
2018/01/12 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
織田信長・本能寺の乱を見て 小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる