小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 整理整頓術

<<   作成日時 : 2017/11/11 19:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

以前聖教新聞に載っていた整理整頓術、参考になると思ってコピーして取っておきました。
久々読み直すといい事が書いてありました♪
11月に入り、少しずつ片付ける事で、年末にてんてこまいにならずにすみますね!
中でも ☆「片付け10個!」の心掛け これいいな!と思いました(^^)


新年度、身の回りをスッキリさせて、気分も新たにスタートしたいものです。今回は、各家庭から寄せられた、日頃の整理整頓のコツを紹介します。


☆リセットタイムで気分スッキリ
 北海道千歳市 丹羽志津子 (整理収納アドバイザー 53歳)
 私の日々の心掛けは
@不要な物を家に入れない
Aその場ですぐに片付ける
B就
寝前と外出前は、部屋のリセットタイムにする
――の3点です。
 何も意識せず暮らしていると、物が増えていきます。
“取りあえず”と思って収納すると、後で探すことになってしまい、時間を取られるはめに。
 また、出しっ放しは、部屋が乱れる原因になるため、不要な物は家に持ち込まないのが一番です。
 二つ目に意識している「その場ですぐに片付ける」というのは、「すぐに処理する」ということでもあります。
ダイレクトメールなどは後で読もうと思っても、そのままになってしまうものです。その場で開封して必要な情報だけ残して、他は資源ゴミに捨てることで、気持ちもスッキリします。
 最後のリセットタイムもお勧めです。
就寝前と外出前は、使った物を全て決めた位置に戻します。
これで、朝一番の気持ちもスッキリ。疲れて帰宅しても居心地のよい部屋で過ごすことができます。
 またリビングは皆の共有スペースのため、私物は各自の部屋で管理するようにルールを決めています。
こうして家族の協力を得て、お互いに気持ちよく暮らしています。


☆動線に合わせて家具を配置
 大阪府茨木市 実政則子 (主婦 61歳)
 わが家は夫と2人暮らしです。
2人とも外出先から帰ると、テーブルやソファの上に、郵便物や買い物の袋、コートやバッグなどを置いて、雑然としてしまいます。
 そこで、生活の場となるリビングやキッチン、和室の家具を動線に合った配置に変えました。
 リビングには大きめの本棚を。
そこには本だけでなく、収納ケースや菓子箱を置き、中には、郵便物や毎日使う文房具類、家計簿、ファイル、さらには、メーク道具や小物、時々使う薬、ソーイングボックス、DVDや取扱説明書を収納しています。
 日常的に使う物を一カ所にまとめることで、動きに無駄がなくスムーズになります。
当然、使った物は元の場所に戻します。
 隣の部屋にはラックを置き、洋服はそこに掛け、バッグ類は、大きめの籠に入れています。
そうすることで、用途に合わせて選びやすくなりました。
 物を置く場所を決めることで探す手間が省け、部屋は整然とします。
 買い物のレジ袋は、コンパクトに折りたたむようにし、かさばらないようにしています。
買った総菜は容器に入れ、野菜や生ものは洗って保存袋に収納。
おかげで、冷蔵庫の中はひと目で分かり、早く調理に取り掛かれます。
 整理整頓をすることで、物を大切にするようになるとともに、生活の質も上がると思っています。


☆「片付け10個!」の心掛け
 東京都文京区 梶野千恵子 (主婦 67歳)
 「使った物を元に戻す」というのは、整理整頓の極意です。
 とはいっても、ちょっと置くのに便利なテーブルやイス、チェストの上には、いつの間にか物でいっぱいになっています。
そこで私が考え出したのが「片付け10個!」という方法です。
 どんなに忙しい人でも、一日に1分や2分の隙間時間はあるはず。
そのほんの少しの時間に文字通り10個だけ片付けます。
ここで大切なのは、1個、2個、3個と片付けた物を数えていくことです。
数えながら片付けると、なぜかやる気が出てきますし、達成感があります。
9個まで終わると、“あと一つ、何かないかな”と探してしまうほどです。
 また大切なのは、10個で止めておくこと。
なぜなら、片付けは切りがないので、あれもこれもと続けると嫌になってしまうからです。
 10個くらい片付けても……と思うかもしれませんが、結構、スッキリしますよ。
「片付け10個!」、ぜひやってみてください。


☆3つのルールで快適に過ごす
 東京都板橋区 高橋道子 (主婦 59歳)
 整理整頓で私が心掛けている点は三つあります。
 一つは、物の住所(定位置)を決め、使ったら元に戻すことです。
 後で使うからと、ついつい出しっ放しにしてしまうと、乱雑になってしまいます。
きちんと元に戻せば、次に使うときも探さずにすみます。
 また、床には一時的に物を置くことはあっても、基本的には置かないようにしま
す。
床に物がないと掃除もしやすいです。
テーブルや机の上も同様で、物置き場にならないようにします。
 二つ目は、書類などは、平積みすると下の方に何があるか分からなくなるので、立てて収納するように。
「とりあえずボックス」を作り、捨てるか、しまうかすぐに判断がつかない物を入れ、いっぱいになったころに整理します。
 最後に、いらない物は捨てるかリサイクルに出すようにしています。
一定の間、着なかった洋服は、役所のリサイクルボックスへ。
不要な書類も時期をみて処分します。
 物があふれている現代。日々の心掛けで、快適な生活をしていきたいと願っています。


☆物を置かないスペース作る
 愛知県瀬戸市 齋藤あかね (主婦 40歳)
 私は整理整頓が大好きで、
「物を持ち過ぎず、今ある物で生活する」
「足りないときは、ある物で工夫してみる」
「整理ができないのは、物があり過ぎるから」
と思っています。
 リビングにあるのは写真や子どものおもちゃ、本や電化製品、
また、日常的に使う物など、必要な物ばかりです。
 しかし、それら全てを棚やテーブルの上、床などに置くと、視界に入るところが物であふれて、目が疲れ、全く落ち着きません。
私は、机や床に置きっ放しにしないようにするとともに、「物を置かないスペースを作ること」を心掛けています。
 例えば、台の上は、面積の半分を何も置かないと決めます。
そうすれば、物を置き過ぎることはありません。
気に入った物を一つか二つ選んで、シンプルに飾れば、見栄えもきれいです。
 デザインがきれいだったり、気分が盛り上がる箱をチョイスして、小物などは、その箱に収納しています。
 部屋全体でいえば、四隅の全てを物でふさがないようにしています。
どこか一カ所を物を置かないようにするだけで、自然と空間が生まれ、部屋がスッキリします。
 物を置かないスペースを作る――これを心掛けるのが、整理整頓のコツです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
読み落とし〜(笑)
会合行くと 書類が増えるのよね
私は 第2の マータイさんだから なるべくもらわないようにしてる
メモできることは ノートに
終わったら 捨てる
片付け苦手だけど 家で会合するお陰で 掃除ができる(笑)
もう 大掃除の時期だね
やりのこし 頑張らねば\(^o^)/
ちよ
2017/11/13 18:16
そうね、家で会合すると掃除できる!言えてる〜
マータイさん、そうそう昔は裏の白い広告を中表で折り曲げて、重ねて糸で綴じてお絵かき帳にしてと親戚のおばちゃんがくれていた。嬉しかった。
今でもその記憶、裏の白い紙を見ると絵が描きたくなる(^^)
カレンダーの裏とかも何も書かずに捨てるのもったいないと思いつつ、でも書かないので新聞と一緒にリサイクル。
ティッシュの箱やお菓子の箱とか汚れていない紙は全部リサイクル♪
千早
2017/11/13 19:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
整理整頓術 小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる