小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS “愉快王”でいこうよ!

<<   作成日時 : 2017/03/27 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あの友も、この友も、みんな悩みが様々ありますもん。
一緒にお題目唱えて、創価の信心で宿命転換して、使命の喜びの人生にして欲しい。
深い祈りのできる人になっていきたいな。
うーん‥まだまだです。
同志の暖かい励ましに ありがとう(^^)
そして、励まされ、元気の出る池田先生のご指導。
「何があっても、粘り強く、朗らかに、
愉快に挑戦していくことです。
“愉快王”でいこうよ」


〈きょうの発心〉
2017年3月27日
御 文
だいちは ささば はづるるとも こくうを つなぐ ものは ありとも・
しおの みち ひぬ ことは ありとも ひは にしより いづるとも・
ほけきょうの ぎょうじゃの いのりの かなわぬ ことは あるべからず

 大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも・
潮のみちひぬ事はありとも日は西より出づるとも・
法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず
(祈とう抄、1351ページ・編519ページ)

通 解
 大地をさして外れることがあっても、大空をつなぐ者があっても、
潮の満ち干がなくなっても、日が西から出ることがあっても、
法華経の行者の祈りのかなわないことは絶対にない。
 法華経の行者の祈りは必ずかなうと仰せです。
 創価大学1年の時、構内で池田先生との出会いが。
先生は、折伏が思うように進まない私の悩みを聞かれ、
「私も、若い時は、試行錯誤の連続でした。
しかし、それは、すべて、将来の成功のための土台です。
何があっても、粘り強く、朗らかに、
愉快に挑戦していくことです。
“愉快王”でいこうよ」と励ましてくださいました。
 その後、この御文を拝し、懸命に友人との対話へ。
5カ月後、初の弘教が実り、師匠に勝利の報告ができました。
 昨年、創価班は結成40周年を迎えました。
新指導集の「発刊の辞」で先生は、
「『創価班』は、いずこにあっても、いついかなる時にあっても、
『勝利』が宿命づけられている」と期待を寄せてくださいました。
師のため、学会厳護のため、私自身が率先の行動を起こし、
創価班が全ての戦いで勝利の原動力となってまいります。
創価班書記長 尾ア義博

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“愉快王”でいこうよ! 小さな一歩でしゅっぱ〜つ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる